ヒットエアの構造



★転覆事故の瞬間から、ヒットエアの空気袋がアクティブに作動して、首、背中、胸、脇と尻部を保護します。

★ヒットエアは「肩、ひじや脊髄パッド(最良のタイプは、脊髄パッド) + エアバックシステム」を装備したウエアです。

★衝撃緩和保護システム(ショック-バッファリングシステム)は、ライダーがオートバイから、特定の距離から離れた瞬間キーボールは、作動して、キーボックスをオンします。カートリッジの炭酸ガスボンベからの空気室へ開放、胸の空気室、背中の空気室、お尻と空気室の拡大に伴って空気袋に瞬間に膨張(約0.5秒で完了)して人体への影響を緩和します。

★完全な拡張( 0.5秒)までも人体に与える影響を緩和します。

★最大化した空気袋がガスバルブを徐々に開放した後、元の状態に戻ります。



上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。